radio uncontrol
FPVドローンレースのブログ
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
JDL ROUND5のコース公開
JDL第5戦、福島のコースが公開されました。
会場はかなり広いらしいです。
さらに2度の立体交差もあり、コースが長い。
仙台のコースではバッテリが3周もたなかったけど、次はXNOVA Lightning06-26を使うから大丈夫かな?

福島は8月12-13日ですが、その前週もmaker faire U199レース@ビッグサイトに出ます。
ということでレースに参加される皆様、よろしくお願いします(^-^)/

https://2.bp.blogspot.com/-0mUHcilk9ds/WXmuH_Ol4DI/AAAAAAAAk7E/8AwyHlSndlw1r6sWMTKDvEN5CKoVjQHhACLcBGAs/s1600/%25E7%2584%25A1%25E9%25A1%258C.jpg
スポンサーサイト
4インチの操作性に驚く
3連休は月曜だけですが練習してきました。

ちょっと狭いコースだったのでなんとなく4インチを試したら、コントロール性の高さにオドロキ( ゚Д゚)
モーターが2205なのでバッテリーも45Cにして、なかなかいい感じでした。機体諸元は動画ページ参照。それでもバッテリー膨らんだけど。。。



その後はまた5インチでレース慣れするためにみんなで模擬レース三昧!
大阪マチミラではHDカメラ搭載レギュなので、代わりに80gのバラストを積んで飛ばしてみました。オモイワ。。。




4インチをやってみてやっぱり操作性大事だなって思ったので、次に買うモーターは2450kvを試したいと思います( ゚Д゚)コブラカ?
その前に、XNOVA LIGHTNING2600kvを試してからですけど(゚∀。)アヒャ

更新してなかった

そういえば随分長いことブログを放置していました。。。
前回のアップでJDL第3戦に参加することは書きましたが、そのときの話です。

僕が参加したのはエキスパートクラスです。今回はエントリが10人。
準決勝には9人が進み、予選タイム1.4.7位の組、2.5.8位の組、3.6.9位の組で準決勝を行う仕組みです。予選落ちは1人だけというシビアな話。
準決勝3組の各1位が決勝に進みます。

土曜日の練習の時点でわかっていたのですが、今回持ち込んだメイン機に搭載したX-FOOTモーターは電力消費が激しく、コース3周できません。

土曜練習の最後のほうでメイン機をスタートゲートにクラッシュさせてしまったので予備機にチェンジすることも考えましたが(予備はT-MOTOR F40II)、いまいち動きが悪かったので結局メイン機の大半の部品を入れ替え、同じ構成の機体で日曜の予選にのぞみました。

アルミゲートに突っ込んだメイン機( ;∀;)


予選はまあ、大した実力もないので、というか実力通りの7位という中途半端な順位で準決勝へ。
1.4.7位の組です。1位は圧倒的な速さを見せる岡選手。4位のNONSAYA選手も予選タイムで僕よりも7秒くらい速いです。


もともと3周できない機体だし、のんびり飛ぶくらいしかすることありません。
そういうことなので、のんびり飛んでいたら。。。
岡選手、スタートしてまもなく機体トラブル。。。
NONSAYA選手、1週目最後にゲートクラッシュ。。。
NONSAYA選手のクラッシュ位置を通過した時点で勝ち抜けとなってしましました。
レースって恐ろしい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

決勝ものんびり飛んで今度はちゃんと最下位になりました。
そんなわけで、エキスパートクラス3位というありえない結果となってしまいました。
よくよく考えたら、何かしらの競争で表彰台というのは人生で初めてかもしれません。正直ちょっとうれしいです。



次回エントリはプロクラスになります。
なにか間違ってるとは思いますが、とりあえず現状のルールではそのようになるみたいです。

8月の福島大会に出ますので、練習を頑張らないとイケマセン。


JDL Rd.3

今週末はJDLのレースに参加します。

仙台まで行ってきます~\(^^)/

FPVレース用ドローンの構成をすべて公開する その2
レース用ドローンの構成を公開するの続編です。

前回よりもいい感じの格安構成の機体になってます。
レース用ドローン組みたいけど、どんなパーツ買えばいいかわからないとか、できるだけ安くそこそこ飛ぶものがほしい、とか。
そんな人は下記のパーツあたりをベースに構成を検討してみてください。
※金に糸目はつけない!という人向けではありません。

これで組んだ機体の動画も参考に。結構いい感じに飛びます\(^^)

フレーム:iFlight iX5
モーター:RACERSTAR BR2205/2600kv ←最近RACERSTARから2305、2306が出ました。もう少しパワー欲しい場合はそちらをどうぞ。
プロペラ:RACERSTAR 5048
ESC:RACERSTAR MS25A  ファームウェア BLHELI_S16.6 A-H-20
 ハイパワーモーターにする場合はMS35Aがおすすめ。
PDB:DALRC 5V / 12V 3A Mini Power HUB/BEC PCB/PDB Power Distribution Board
  現時点でbaggoodで買えなくなっているようです。このPDBはあまりノイズ体耐性が高くないので、少し値段が高いけどノイズが少なくてOSDも内臓のMatek Systems HUBOSD8-SEがおすすめ。
FC:LUX ←ジャイロセンサが過敏すぎるので、REVO F4のほうがおすすめ。
バッテリー:バッテリーは放電レートが65c以上のものがおすすめ。容量は1300mah~1500mahがスタンダードです。動画ではOCDAY 1500mah/75cを使ってます(機体の下側載せ)。コネクタはXT60
  現時点ではhobbykingかsurehobbyで買うのがいいと思います。
カメラ:FOXEER Arrow V3 電源はVCC直 OSD内臓なので電圧とコールサインが表示可能です。RunCam Swift 2のほうがいいという意見も。
レンズ:2.5mm(ARROW V3純正)
カメラアングル:55度 ←自分の技術に応じていい感じの角度を探しましょう。
VTx:TS5823 電源はVCC直 ←カメラOSDによる電圧表示のためです。5Vや12Vで構いません。
VTx用アンテナ:200円くらいのしょぼい棒アンテナ
プロポ:ハイテックFLASH7(プロポはフタバがおすすめ。)
受信機:MAXIMA SL(SBUS接続) 

ESC/MOTOR PROTOCOL:MULTISHOT
GYRO UPDATE:8k
PID LOOP:8k
MOTOR PWM FREQ:32k

PID:betaflight3.1.7のデフォルトをおすすめします。
RATE:好みですが、まずはデフォルトでしばらく飛ばすことをおすすめします。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ