radio uncontrol
EPとドローンのブログ
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
JDL Rd.3

今週末はJDLのレースに参加します。

仙台まで行ってきます~\(^^)/

スポンサーサイト
FPVレース用ドローンの構成をすべて公開する その2
レース用ドローンの構成を公開するの続編です。

前回よりもいい感じの格安構成の機体になってます。
レース用ドローン組みたいけど、どんなパーツ買えばいいかわからないとか、できるだけ安くそこそこ飛ぶものがほしい、とか。
そんな人は下記のパーツあたりをベースに構成を検討してみてください。
※金に糸目はつけない!という人向けではありません。

これで組んだ機体の動画も参考に。結構いい感じに飛びます\(^^)

フレーム:iFlight iX5
モーター:RACERSTAR BR2205/2600kv ←最近RACERSTARから2305、2306が出ました。もう少しパワー欲しい場合はそちらをどうぞ。
プロペラ:RACERSTAR 5048
ESC:RACERSTAR MS25A  ファームウェア BLHELI_S16.6 A-H-20
 ハイパワーモーターにする場合はMS35Aがおすすめ。
PDB:DALRC 5V / 12V 3A Mini Power HUB/BEC PCB/PDB Power Distribution Board
  現時点でbaggoodで買えなくなっているようです。このPDBはあまりノイズ体耐性が高くないので、少し値段が高いけどノイズが少なくてOSDも内臓のMatek Systems HUBOSD8-SEがおすすめ。
FC:LUX ←ジャイロセンサが過敏すぎるので、REVO F4のほうがおすすめ。
バッテリー:バッテリーは放電レートが65c以上のものがおすすめ。容量は1300mah~1500mahがスタンダードです。動画ではOCDAY 1500mah/75cを使ってます(機体の下側載せ)。コネクタはXT60
  現時点ではhobbykingかsurehobbyで買うのがいいと思います。
カメラ:FOXEER Arrow V3 電源はVCC直 OSD内臓なので電圧とコールサインが表示可能です。RunCam Swift 2のほうがいいという意見も。
レンズ:2.5mm(ARROW V3純正)
カメラアングル:55度 ←自分の技術に応じていい感じの角度を探しましょう。
VTx:TS5823 電源はVCC直 ←カメラOSDによる電圧表示のためです。5Vや12Vで構いません。
VTx用アンテナ:200円くらいのしょぼい棒アンテナ
プロポ:ハイテックFLASH7(プロポはフタバがおすすめ。)
受信機:MAXIMA SL(SBUS接続) 

ESC/MOTOR PROTOCOL:MULTISHOT
GYRO UPDATE:8k
PID LOOP:8k
MOTOR PWM FREQ:32k

PID:betaflight3.1.7のデフォルトをおすすめします。
RATE:好みですが、まずはデフォルトでしばらく飛ばすことをおすすめします。

サーボテスター(cellmeter8)でモーターテストしてみた

先日新調したT-MOTOR F40IIで組んだ機体。
デスロールが発生していたのですが、だんだんひどくなり、
最後は4番モーターがうまく回らなくなりました。
現地でbetaflightのmotorタブから動かしてみたところ、4番だけチャタリングが発生していました。

帰ってからESC交換しても直らず、3番モーターと入れ替えたところ、やはり該当モーターの動きがおかしいため、モーター自体に問題ありと判断しました。
それで予備モーターと交換すると確かに直ったのですが。。。

問題のあるモーターをばらしてみたところ、特に焼けたりしている感じもないので、
念のためサーボテスターで動作確認してみました。

テスターはみんなが持ってるバッテリーチェッカーのcellmeter8です。

結線した状態がこちら。




サーボテスターで動かすと。。。

見事に問題なく動きます。ESCも動作不良が発生したそのものなんですが(´Д`*)


何が原因かわからなくなりました。

モーターの個体差レベルで発生しているのかもしれません。


現在疑っているのは、ESCのGND線をカットしている影響です。

とりあえず、次回フライトでもデスロールが発生するようであればGND線を繋ごうと思います。

FPVレース用ドローンの構成をすべて公開する
皆さん気になるところとして、他人の機体の構成というものがあるようです。
確かに気になります。僕も気になります。

トップレーサーはモーター何使ってるのかとか、PID設定とか。
まあ、自分はトップレーサーじゃないですけど。

この機体だとこんな感じだよ、という動画とセットならある程度参考になるかと思うので、
メイン機体の構成とそのフライト動画をセットで公開しておきます。
このブログ見てる人はあんまり多くないので、誰かの役にたつかどうかは未知数ですw
ほかに知りたいことがあればコメントください。

フレーム:iFlight iX5
モーター:RACERSTAR BR2205/2300kv
プロペラ:RACERSTAR 5051
ESC:RACERSTAR MS25A  ファームウェア BLHELI_S16.6 A-H-20
PDB:DALRC 5V / 12V 3A Mini Power HUB/BEC PCB/PDB Power Distribution Board
FC:LUX
バッテリー:OCDAY 1500mah/75c(機体の下側載せ)コネクタはXT60
OSD:microminimOSD
カメラ:FOXEER MONSTER HS1194(アスペクト比16:9なのでFATSHARK HD3にはおすすめしない) 電源はVCC直
レンズ:2.5mm(HS1194の純正)
カメラアングル:45度
VTx:TS5823 電源はVCC直
VTx用アンテナ:200円くらいのしょぼい棒アンテナ
プロポ:ハイテックFLASH7
受信機:MAXIMA SL(SBUS接続)

ESC/MOTOR PROTOCOL:MULTISHOT
GYRO UPDATE:8k
PID LOOP:8k
MOTOR PWM FREQ:32k

PID
ROLL  P:38 I:70 D:25
PITCH P:38 I:70 D:25
YAW  P:60 I:45 

RCRATE ROLL/PITCH:1.15 YAW:1.15
SUPERRATE ROLL:0.6 PITCH:0.6 YAW:0.6
EXPO:0

TPA:0.25
BREAK POINT:1500

この機体を飛ばした感想。
パワーがない。カメラアングルはもう少し多くしたい。


こちらがフライトの様子。上記構成をコピーすればこの程度は飛びます。
F4のFCがWindows XPにつながらない症状
現在主力で使っているF4のフライトコントローラ(FC)ですが、外出用のPCにつながらないという状態が続いていました。具体的にはBanggood及びAliExpressで買ったREVO F4(FLIP32 F4,Airbot F4)。
話がそれますが、このFCで使用するFirmwareはAirbotF4がよさそうです。バージョン3.1.6でブザー及びLEDの動作確認できました。

問題のPCは、かなり古いネットブックで、WindowsXPです。
SP Racing F3とLUXとでは問題なく接続できるので、F4プロセッサのFCだけ接続不可という状態。
これがようやく解決したのでメモ。

大したことはしてないのですが、
通常、PCの設定をする際にZadigを使ってSTM32を最新にすると思います。
このとき、WinUSBではなく「USB Serial(CDC)」を選択してインストールする。

詳細手順はこちらのdknbFPVさんの記事を確認。
Windows10でFCとUSB接続

これはWindows10としての記事ですが、XPでも当てはまる部分があるようです。
(今回行った手順はZadigの部分だけになります。)

これで外出用のネットブックでF4と接続できるようになったので、荷物が軽くなる\(^o^)/
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
まとめ